« メイン端末に昇格:TTこと「Tiny Talk」と赤耳 その2 | トップページ | 電子ブック実況 »

es系スマートホンの美しい打ち方

さっき電車に乗ってました。
なんかアドエス使い(横打ち)が居るんだけど
カッコ悪いんだよな。
なぜか!
観察してみました〜。

まずはキーの打ち方
・キーを打つ度に本体を揺らしてしまう。なんか変
・(単純に)打つスピードが遅い、バリバリ打ててない。

体勢
・文字サイズが小さいため目をこらしてしまう。
・目を凝らしてしまうため、腰が若干曲がる。

こんなところかな。

俺が操るノーマルエスの方がってか
俺の方がカッコいい!

そこで美しい打ち方を書いときます。
・背を伸ばす。
・本体が波打たないように脇を締めて両手でしっかりとホールドする。
・目線は終始画面のみ見る。いわゆるブラインドタッチ
・周りのものをみるユトリをもった余裕な表情

まぁビデオで撮って見たわけじゃないから本当のところはわかりません。
なんか朝から壊れかけてます。

う、3つめと4つめ俺も厳しい・・・・。

-----------------
sent from W-ZERO3

|

« メイン端末に昇格:TTこと「Tiny Talk」と赤耳 その2 | トップページ | 電子ブック実況 »

W-ZERO3[es]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220330/16498698

この記事へのトラックバック一覧です: es系スマートホンの美しい打ち方:

« メイン端末に昇格:TTこと「Tiny Talk」と赤耳 その2 | トップページ | 電子ブック実況 »